コラム de スタディ

2020.11.06.
自己都合退職の場合の、失業等給付「給付制限期間」が短縮されます

令和 2 年10 月1 日以降の離職者を対象に、正当な理由のない自己都合により離職した場合に限り、失業等給付「給付制限期間」が短縮されることとなりました。
【給付制限期間】
雇用保険被保険者が離職し失業等給付を受ける際、離職票の提出等を行った日以降、7 日の待期期間を経て、失業等給付の受給を制限される期間のことで、離職理由により制限期間が異なります。
今回変更対象となった正当な理由のない自己都合退職の場合は、これまで3 ヶ月の給付制限期間が設けられていました。
【「給付制限期間」短縮措置】
転職を試みる労働者が安心して転職活動を行えるよう支援する観点から、正当な理由のない自己都合離職者に対し、「給付制限期間」が3 ヶ月から2 ヶ月に短縮されることとなりました。
ただし、この給付制限短縮措置は、5 年間のうちに2 回までしか適用されません。5 年間で3 回以上自己都合退職を行った場合、2 回目までは給付制限期間が短縮されて2 ヶ月になりますが、3 回目以降は3 ヶ月になるので注意が必要となります。

労務コンサル課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木大がこれまでの経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人