コラム de スタディ

人事労務支援

2014.02.15.
労務管理のポイント『特別条項付36協定とは』
Q:当院では恒常的に職員の残業が発生しているため、毎年時間外・休日労働に関する協定、いわゆる36協定を締結しており、協定では一定期間における...
2014.02.08.
若者の「使い捨て」が疑われる企業等への重点監督の実施状況
平成25年9月に、過重労働重点監督月間として、若者の「使い捨て」が疑われる企業等に対し重点監督を実施した状況が、平成25年12月17日に厚生...
2014.01.15.
労務管理のポイント『給与から賠償金を控除できるか』
Q:当院の職員が、業務中に不注意で病院の備品を誤って破損させてしまいました。今後病院が損害賠償を行った場合、職員に故意や重大な過失があったと...
2013.12.15.
労務管理のポイント『休職中に、本人負担の社会保険料を事業所が負担する場合』
Q:当院の職員がプライベート時での事故で、2~3月程度入院することになり、その間休職することとなりました。なお休職中は無給で、期間もさほど長...
2013.11.16.
平成24年労働者健康状況調査 公表
厚生労働省は9月19日、「平成24年労働者健康状況調査」の結果を公表しました。ここでは、メンタルヘルスケアに関する事項を一部ご紹介します。 ...
2013.10.16.
最低賃金及び厚生年金保険料が改定されます
 今年度も全都道府県で最低賃金が改定されることとなりました。  今回の改定では、すべての都道府県で時給額が11円から22円の間での引き上げと...
2013.08.30.
平成24年度 脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況
厚生労働省が平成25年6月21日に発表した内容によると、脳・心臓疾患の労災認定件数は338件増加、精神障害の労災認定件数が475件で前年比1...
2013.07.23.
産前産後休業中の社会保険料免除について
法改正により、平成26年4月1日から産前産後休業中(産前6週間、産後8週間)の社会保険料が、労働者からの申し出により会社負担分・本人負担分が...
2013.06.01.
「父子家庭の父」を雇入れた事業主に助成金が支給されます!
特定就職困難者雇用開発助成金(以下、特開金)の雇入れ対象者が拡大されています。 この特開金は、ハローワーク等の紹介により、60歳以上の高年齢...
2013.01.21.
平成25年4月より高年齢者雇用安定法が改正されます
平成25年4月1日より、高年齢者等の雇用に関する法律、いわゆる高年齢者雇用安定法が一部改正されます。この改正の主な内容は、従業員が希望すれば...
2012.11.01.
“宝探し”の社内研修
この1年間、研修委員会の一員として、社内研修に取り組みました。 今年は40周年記念行事もあり、年間研修テーマが 『お客様とのコミュニケーショ...
2012.08.03.
今後の労働行政の方向性
今年4月に、 平成24年度地方労働行政運営方針 が厚生労働省から発表されました。これは厚生労働省が都道府県の労働局長に対して出す文書で、この...

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人