コラム de スタディ

2017.06.19.
《平成29年度税制改正》高層マンションへの固定資産税等の課税の見直し

平成29年度税制改正により高層マンションの固定資産税等の課税の見直しが行われました。

図1この改正により、固定資産税の計算方法がタワーマンションの実際の取引価格の傾向を踏まえた按分方法に変更されます。そのため、タワーマンションの一室で床面積が同じ部屋の場合には、高層階の部屋は固定資産税額が増加し、低層階の部屋は固定資産税額が減少することになります。

原則として、平成29年1月2日以後(賦課期日平成30年1月1日)に新たに完成したタワーマンションは改正後の計算方法で平成30年度以後の年度分の固定資産税額を算出することとなります。ただし、同日以後に完成したタワーマンションであっても、施行日(平成29年4月1日)前に専有部分に係る最初の売買契約が締結されたものについては従来どおりの計算方法で固定資産税額を算出することになります。

 

※対象となるタワーマンションとは,建築基準法に規定する建築物で(建築基準法20①一)

複数の階に人の居住の用に供する専有部分を有し、かつ、その専有部分の個数が2個以上のものをいいます。

 税務会計2課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人