コラム de スタディ

2017.04.10.
2015年の平均寿命は、男女ともに過去最高

厚生労働省は3月に、平成27年の「完全生命表の概況」を公表しました。
完全生命表は、ある期間における死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の人が1年以内に死亡する確率や、平均してあと何年生きられるかという期待値などを、死亡率や平均余命などの指標によってあらわされたものです。
基にされるデータは、国勢調査による日本人人口の確定数、人口動態統計の確定数による死亡数、出生数が用いられ、5年ごとに作成されています。

調査結果ですが、平成27年の完全生命表における0歳の平均余命(平均寿命)は、男性80.75年、女性86.99年であり、前回(平成22年)の完全生命表と比較して、男性は1.20年、女性は0.69年上回りました。
過去の平均寿命の推移をみますと、戦前は50年を下回っていましたが、昭和22年に男性50.06年、女性53.96年と50年を上回りました。その後、男性は昭和30年で60年、昭和50年で70年、平成27年に80年を上回り、一方、女性は、昭和25-27年で60年、昭和35年で70年、昭和60年で80年を上回り、今回の過去最高に至っております。

税務会計コンサルティング部 次長

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人