コラム de スタディ

2022.05.06.NEW
成年年齢引下げで国税庁が贈与税・相続税改正のあらましを公表

民法改正により、令和4年4月1日から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられました。これに伴い、税制改正により贈与税・相続税の規定における20歳を基準とする要件についても18歳に引き下げられています。
国税庁のあらましでは、改正対象となる税制措置について、令和4年3月31日以前と令和4年4月1日以後の贈与・相続等で、受贈者や相続人等の年齢に関する要件が異なっているとして注意を呼び掛けています。(表参照)
こすもす5月号 図1
抜粋:国税庁より
詳細は国税庁のQ&A及びホームページのタックスアンサーをご参照ください。

税務会計コンサルティング部 部長

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木大がこれまでの経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人