コラム de スタディ

2020.10.05.
年末調整手続の電子化のメリット

令和2 年分の年末調整から、生命保険料控除、地震保険料控除及び住宅借入金等特別控除に係る控除証明書等について、勤務先へ電子データにより提供できるようになり、年末調整手続の電子化に向けた施策が実施されます。
年末調整手続を電子化することにより、以下のようなメリットがあります。

≪従業員のメリット≫

  •  手書きによる手続(年末調整申告書の記入、控除額の計算など)を省略できる
  • 書面で提供を受けた控除証明書等を紛失した場合の、保険会社等に対し再発行を依頼する手間が不要

 

≪勤務先のメリット≫

  •  年調ソフトで作成した年末調整申告書データを利用することで、控除額の検算が不要
  •  控除証明書等データを利用した場合、添付書類等の確認に要する事務が削減
  • 年末調整申告書作成用ソフトウェアで控除申告書を作成するため、記載誤り等が減少し、従業員への問合せ事務も減少することが期待される
  •  書面による年末調整の場合の書類保管コストの削減

 

詳細については担当者にお問い合わせください。この機会に電子化を検討されてみてはいかがでしょうか。
参考:国税庁「年末調整手続の電子化に向けた取組について(令和2 年分以降)」より

税務会計4 課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木大がこれまでの経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人