コラム de スタディ

2011.09.28.
年末調整を楽しくするために

そろそろ年末調整のことを考えて、“ユウウツ”になる方がいらっしゃるかもしれません。年末調整を安心して楽しくするために、準備のポイントをあげてみました。

① 事前準備は万全に

年末調整業務は、時間との勝負です。あわてないために、1月から10月までの課税支給額、社会保険料、所得税の累計をチェックしておきましょう。給与ソフトによっては、社会保険の保険料率を変更の際、計算画面の数字にロックをかけていなかったばかりに、数字が変わったということもあります。年末調整の計算に入って衝撃の事実に気づくよりも、早めにチェックして安心しましょう。

② 中途入職の方

前職分の源泉徴収票を早めに提出してもらいましょう。年末調整計算後に源泉徴収票を提出されると、再計算しなければなりません。特に昨年末に前職を退職された方は、今年1月に給与が支給されている可能性が高く、特にご注意ください。ご本人は意外と覚えていないものです。

③ 扶養控除の見直し

平成23年分の所得税から、年齢16歳未満の扶養親族(年少扶養親族)に対する扶養控除(38万円)と年齢16歳以上19歳未満の人の扶養控除の上乗せ部分(25万円)が廃止されました。平成8年1月2日以後生まれの方は、控除対象扶養親族とはなりません。「計算が違うのでは?」との誤解を招かないためにも、事前に「昨年と比べて変わった点」を周知し、すっきりとさせておきましょう。

経営コンサルティング部 人事労務支援課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人