コラム de スタディ

2019.11.11.NEW
【映画あれこれ】「ジョーカー」(2019年:アメリカ)

アメコミのヒーローであり、これまでも何度も映画化されている「バットマン」の宿敵である「ジョーカー」。彼がいかにして悪の権化となったのか。これまで映画でもこの人物は幾度と登場し話題にもなりましたが、描かれるのは主にバットマンの宿敵になってからの話で、この作品はいわばその前日談にあたるお話。

主人公であるアーサー(後のジョーカー)は貧しく孤独な生活を送っていますが、同居の母を看護する優しい青年。コメディアンになりたいという夢があるのですが、彼は緊張すると笑いが発作的に起きてしまうという障害があり…。

映画は純真な主人公が悪に転化するまでを、彼を心身共に追い詰める出来事を徹底的に容赦なく織り込む事によって描いていきます。劇中彼が登場しないシーンは殆どありません。つまりこの映画は彼が見た世界を幻想も含めて1人称で描いた映画ともいえます。彼の視点を通じて現代社会に対する矛盾、不公平、不満を浮き彫りにすることで諸悪の根源を観客に問いただすのです。「悪」という狂気を生み出したのは果たして彼なのか、それとも社会なのかと。

鑑賞後の印象の後味の悪さは格別です(苦笑)。それ故に好きか嫌いかはっきり分かれる作品といえます。その挑発的で過激な内容は、単純に「面白かった」と口にすること自体ためらってしまいそうな、極めて毒のある、危険な魅力を持った作品といえるでしょう。

最後に触れておきたいのはやはり主演を演じたP・フェニックスの神がかり的な演技。
それから補足ですがM・スコセッシ監督、R・デ・ニーロ主演「タクシードライバー」「キング・オブ・コメディ」に関するオマージュが散見されます(実際本作品にデ・ニーロも出演)。この70~80年代のニューヨークを描いた両作品を鑑賞すればより本作品の世界観のイメージが掴みやすいかもしれません。

筆者略歴:特定社会保険労務士。 「WOWOW映画王選手権」2001年、2002年本戦連続優勝、2011年本選準決勝進出、2013年本戦準々決勝進出。2012年「スカパー!映画クイズ選手権」本選優勝。映画検定1級(2014年は首席合格)

労務コンサル課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人