コラム de スタディ

2019.11.05.NEW
使っていますか!?キャッシュレス決済でのポイント還元

消費税増税による消費の減速を防ぐために導入された今回のポイント還元事業ですが、「対象店舗はどこなのか」「5%ポイント還元店舗と2%ポイント還元店舗はどう違うのか」など制度が複雑で利用されていない方もなかにはいらっしゃるかもしれません。
そこでポイント還元制度の概要をご紹介します。

実施期間:2019 年10 月1 日から2020 年6 月30 日まで
対象店舗:中小・小規模事業者が運営する事業(例えば小売業の場合、資本金が5,000 万円以下又は従業員数50 人以下の会社)
還元率:5%(ただし、コンビニなどのフランチャイズ店は2%)
対象決済手段:クレジットカード、デビットカード、電子マネーなど

  1. 対象店舗は、小売業やサービス業など業種によって違いはありますが、個人事業で行っているような小規模事業の多くは対象になります。
  2.  ポイントの還元率は原則として5%です。
    しかし、コンビニやガソリンスタンドなどのフランチャイズ店は、事業主が中小・小規模事業者に該当しても2%のポイント還元となります。コンビニなどのフランチャイズを展開する本部事業者フランチャイザーの多くは、中小・小規模事業者には該当しないための措置と考えられます。また、フランチャイザーが直接運営する店舗は、2%のポイント還元も対象外となりますが、消費者の混乱を避けるため、チェーンなどは、フランチャイザーの負担医よりすべての店舗でポイント還元対象としています。
  3. どの決済手段が対象となるかはお店ごとに異なります。
    同じフランチャイズ店でも、A 店ではクレジットカードのみが対象でも、B 店ではnimoca などの電子マネーも対象となる場合もあります。どの決済手段が使えるかは、ポイント還元事業の専用アプリやお店でのポスターで確認できます。

「クレジットカードや電子マネーは恐くて使えない。」そのような方は、nimoca やSUGOCA などの電子マネーに、少しずつお金をチャージして使うと、必要以上の不安がなくなるかもしれません。

税務会計3 課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人