コラム de スタディ

2019.11.05.NEW
国税庁が令和2 年分からの年末調整手続の電子化で概要やメリットを公表

国税庁はこのほど、令和2 年分の年末調整手続から書類を使わずにオンラインで行うことが可能となる施策を説明する「年末調整手続の電子化に向けた取組について」を公表しました。電子化の概要やメリット、勤務先や従業員における準備内容などが示されています。勤務先での準備では、①実施方法の検討や②従業員への周知のほか、③給与システムなどの改修や④税務署への承認申請書の提出が必要としています。電子化で従業員が使用できる年末調整控除申告書作成用ソフトウェアは、令和2年10 月に国税庁から無償で提供される予定となっています。
<勤務先における準備>
④では、従業員から年末調整申告書に記載すべき事項を電子データにより提供を受けるためには、勤務先があらかじめ所轄税務署長に、「源泉徴収に関する申告書に記載すべき事項の電磁的方法による提供の承認申請書」を提出し、承認を受ける必要があるとしました。この承認はみなし承認で、申請書を提出した月の翌月末日までに税務署長から承認または承認しないことの決定の通知がなけ
れば、申請書を提出した月の翌月末日に承認があったものとされます。
(2019 年10 月14 日 税のしるべ より)

税務会計4 課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人