コラム de スタディ

2016.07.11.
介護休業法改正のポイント

介護休業とは、要介護状態にある家族を従業員自らが「介護」するための休業のことをいいます。

その介護休業の内容が平成29年1月1日より下記のように改正されます。

現行

改正後

①介護休業の分割取得 介護を必要とする家族1人につき、通算93日まで原則1回に限り介護休業を取得可能 介護を必要とする家族1人につき、通算93日まで3回を上限として介護休業を分割して取得可能
②介護休暇の取得単位の柔軟化 介護休暇について1日単位での取得 半日(所定労働時間の2分の1)単位での取得が可能
③介護のための所定労働時間の短縮措置等 介護のための所定労働時間の短縮措置について、介護休業と通算して93日の範囲内で取得可能 介護休業とは別に利用開始から3年の間で2回以上の利用が可能
④介護のための所定外労働の制限(残業の免除)

なし

介護のための所定外労働の制限(残業の免除)について、介護終了まで利用できる所定外労働の制限を新設

 

 

 

 

 

 

 

 

※介護休暇…要介護状態にある家族の介護などを行うための休暇で、1年に5日まで取得可能です。

平成28年8月からは介護休業給付金の給付割合も40%から67%へ引き上げられますので、是非ご活用ください。

人事労務課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人