コラム de スタディ

2021.06.02.NEW
改正高年齢者雇用安定法が令和3年4月から施行されます

これまでは定年後の継続雇用などで65 歳までの雇用確保が義務化されていました。これに加えて令和3 年4 月より70 歳までの就業確保が努力義務となりました。具体的には以下の措置を講じるよう努める必要があります。

①70 歳までの定年引き上げ
②定年制の廃止
③70 歳までの継続雇用制度(再雇用制度・勤務延長制度)の導入 ※特殊関係事業主に加えて、他の事業主によるものを含む
④70 歳まで継続的に業務委託契約を締結する制度の導入
⑤70 歳まで継続的に以下の事業に従事できる制度の導入
a.事業主が自ら実施する社会貢献事業
b.事業主が委託、出資(資金提供)等する団体が行う社会貢献事業

現時点では義務ではなく努力義務ですが、将来的には義務化される可能性は十分ありますので、65 歳以降の働き方について検討を重ねることが重要となります。

労務コンサル課 マネジャー

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木大がこれまでの経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人