コラム de スタディ

2010.06.01.
相続対策実行の大きなきっかけ!

最近、相続シミュレーションに取り組む人が増えています!

将来、人はいつか相続を迎えます。将来、いつかなのでなかなか本気で取り組む人は少なく、具体的なシミュレーションを実感されないのが実情でした。

しかし、この1、2年の間に積極的に取り組む人が多くなりました。

きっかけはさまざまです。たとえば、

1.きっと揉めるだろう
2.誰に何を相続させるべきか
3.財産集めたらどのくらいの価値があるのだろう
4.相続税いくらだろう 納税資金は足りるだろうか
5.死亡退職金を法人から受給できるだろうか
6.生命保険を見直しておかなければならないなあ

などなど

財産評価をして具体的なシミュレーションをしてみると問題点や、安心できることや、予想される問題を回避するための対策が自然と浮かび上がってきます。

相続シミュレーションのフローsouzoku-02.pdf

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木大がこれまでの経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人