コラム de スタディ

2020.12.21.
【医療介護あれこれ】オンライン資格確認③

オンライン資格確認について、何度かこちらで情報提供をさせていただいていますが、ご検討は進まれていますでしょうか?

11月に厚労省から「加速化プラン」なるものが出されました。
いわゆる導入支援費の補助割合を拡大する内容です。

「加速化プラン」を踏まえた追加的な財政補助

(出典:厚生労働省保健局「オンライン資格確認導入に向けた追加的な財政補助」より)

全体のスケジュールとしては、2021年3月末までに「健康保険証利用の本格運用」「医療機関等の6割程度での導入を目指す」とされています。また、2023年末までに、おおむねすべての医療機関等での導入を目指し、マイナンバーについてはほとんどの住民がカードを保有することを想定されています。
現状では17.3%の「顔認証付きカードリーダー」の申し込みになっており、調剤薬局では約30%の申し込み数になっているものの、診療所では11%と申し込みが進んでいない状況があります。これを何とか6割に近づけていきたいというところでしょう。

今回出されている財政補助としては、当初改修費等の補助は上限額を決められ、回収費用の半額補助とされていましたが、今回、一定の補助上限額まで、実費補助が出るという風に変更されました。
その他の費用の内容は①オンライン□確認の導入に必要となる資格確認端末(パソコン)の購入・導入、②ネットワーク環境の整備、③レセプトコンピューター、電子カルテシステム等の既存システムの改修、等とされています。
また、今回、この補助金の対象は「令和3年3月末までに顔認証付きカードリーダーを申し込んだ医療機関・薬局を対象とする」という一文が付け加えられています。
令和3年3月を過ぎてもカードリーダーの申し込みはできますが、補助金を受けて改修を検討されている医療機関さまはベンダーと相談しながら検討されてください。

<参考資料>
■オンライン資格確認の導入について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08280.html

■健康保険証の確認がオンラインで可能となります。
https://www.mhlw.go.jp/content/10200000/000663427.pdf

■オンライン資格確認導入に向けた準備作業の手引き
https://www.mhlw.go.jp/content/10200000/000699397.pdf

■オンライン資格確認導入に向けた追加的な財政補助について
https://www.mhlw.go.jp/content/10200000/000699906.pdf

医業経営支援課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人