コラム de スタディ

2020.07.07.NEW
【医療介護あれこれ】医療保険の訪問看護と介護保険の訪問看護(QAより)

「訪問看護の算定方法がよくわからない」「医療保険と介護保険の訪問看護はどう違うのですか?」という質問を時々いただきます。高齢者が地域で長く住み続けるためには、訪問看護の役割は大きく、その需要は高まってきていると思います。
ここで、訪問看護の基本的内容を整理しておきましょう!

【訪問看護の対象者】
訪問看護に関してはとてもシンプルで、在宅で療養をしていくうえで、「訪問看護が必要だ」と、医師が判断すれば、対象となります。
例えば、「インスリン注射導入後の在宅での手技指導」「術後や褥瘡等の長期的な処置」「カテーテルが留置されている方の状態悪化」などがあります。

【訪問看護の報酬について】
訪問看護は、医療保険に請求するものと介護保険に請求するものがあります。高齢者の場合は、基本的に、「介護保険」が優先されます。
しかしながら、末期がんや急性増悪の患者さんへの訪問看護については、「医療保険」で請求することができる場合があります。

■医療保険で請求できる条件
①介護保険の認定を持っていない方
②「別表第7」で規定する方
③特別訪問看護指示書を発行された方(原則月1回14日間)

つまり、末期の悪性腫瘍や進行性の難病(進行性筋ジストロフィー、多発性硬化症、パーキンソン病(ヤールの分類ステージ3以上で生活機能障害度分類がⅡ度、Ⅲ度以上)、人工呼吸器を使用している患者などの場合は、医療保険での訪問看護が受けられますので、介護保険の限度額は生活支援に有効に使うことができてきます。
また、突発的に状態が悪化した場合や、退院直後なども、医療保険で訪問看護が利用できます。

【算定の制限】
介護保険で行う訪問看護の場合、1週間のうちの回数の制限は設けられていませんが、医療保険での訪問看護の場合は、原則週3回までとなります。しかしながら、患者さんの状態に応じて、週4回以上の訪問の必要があると判断された場合は、週4回以上の訪問看護が算定できます。これが「特別訪問看護指示」です。
特別訪問看護指示が単独で発生することはなく、介護保険の訪問看護がベースになってきます。

質の高い訪問看護の確保(全体像)
(出典:令和2年度診療報酬改定説明会資料より)

ざっくりというと、生活の中で支えていくのが「介護保険での訪問看護」。
これは、高齢化に伴う心身の変化に伴い看護師がサポートするものと位置づけられるかもしれません。これに対し、医療的な要素が強いものが、「医療保険での訪問看護」ともいえるのかもしれません。このため医学的要素が強い、専門的な分野については「医療保険」を使用することができ、介護保険での「生活支援」に使える枠は確保できると整理できるのではないでしょうか。保険の仕組みをよく理解し、しっかりと在宅での生活を支えていけるようにしましょう。

<参考資料>
〇令和2年度診療報酬改定の概要(在宅医療、訪問看護)
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000608534.pdf

医業経営支援課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人