コラム de スタディ

2020.07.03.
改正労働基準法が施行されました

令和2年4月1日より、改正労働基準法が施行され、賃金請求権の消滅時効期間及び賃金台帳等の記録の保存期間が改正になりました。改正内容は以下の通りとなっています。

キャプチャ

表のように、賃金請求権の消滅時効期間が2年から5年に延長されています。ただし、実務上一気に5年まで延長するとなった場合実務的に影響が大きいとして、経過措置として当分の間は時効が3年となっています。

この改定によって、仮に時間外割増賃金の未払い等のトラブルにより、会社側に問題が発生した場合には、この消滅時効の延長がかかわってくる可能性が生じることになります。なお、年次有給休暇の請求権(時効:2年間)、退職金の請求権(時効:5年間)については従来通り変更はありません。

では、この3年の消滅時効期間はいつから始まるのか、というと「権利を行使することができる時」(つまり賃金の支払日のことです)であることが条文上明確になりました。
ですので、今後消滅時効期間が3年となるのは、賃金支払日が令和2年4月1日以降の賃金請求権から、ということになります。今後の賃金請求権については、表のような改正が行われています。実務的に影響が大きいところですので、今後時間外労働のリスクについてはより留意が必要となってきそうです。

人事コンサルティング部 部長

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人