コラム de スタディ

2020.05.09.NEW
法人の申告期限の個別延長について

国税庁では、個人確定申告において『確定申告期限の柔軟な取り扱い』として、新型コロナウイルス感染症の拡大状況等に鑑み、感染拡大により外出を控えるなど申告所得税等の申告・納付期限の一括延長の期限である令和2 年4 月16 日までに申告等の手続き困難であった方については、期限を区切らず柔軟に受け付けることとしているほか、新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方には納税猶予制度を案内するなど対応を行っております。

法人についても、先の個人の取扱いと同様に柔軟な確定申告を受け付けることとしています。役員や従業員等が新型コロナウイルス感染症に感染したケースだけでなく次のような方がいることにより、期限までに申告が困難なケースなども考えられます。
①体調不良のため、または感染拡大防止のため外出を控えていること
②平日の在宅勤務を要請している自治体にお住いの方がいること
③感染拡大防止のため企業の勧奨により在宅勤務等をしている方がいること

また、当該理由以外であっても感染症の影響を受けて期限までに申告が困難な場合には個別に申告期限延長が認められます。いよいよ3 月期年度末法人の申告が始まります。
申告期限及び納付期限に注意して進めましょう。詳しくは、国税庁ホームページをご覧ください。
(抜粋:国税庁ホームページ)

税務会計コンサルティング部 部長

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人