コラム de スタディ

2019.12.05.
長男の妻など被相続人の親族に特別寄与料の請求が可能に

民法等相続人以外の者の寄与分に関する改正で、特別寄与料の請求が可能になりました。
まず寄与分とは、被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により、被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者のその貢献度合いのことで、当該程度に応じた財産を貢献した者に与え、貢献の無かった相続人との公平を図ろうとする制度のことをいいます。この寄与分は相続人のみに認められていますが、今回、被相続人の親族は、相続人に対し寄与に応じた額の特別寄与料の支払いを請求出来ることを規定しました。手続きは、特別寄与者が相続人に対し、支払いを請求します。
当事者で協議が整った場合は、相続人はその特別寄与料の額を特別寄与者に支払うことになります。協議が整わなかった場合や、そもそも当事者間で協議が出来ない場合は、特別寄与者は家庭裁判所に対し、協議に代わる処分を請求することができます。この請求により、家庭裁判所は特別寄与料の額の算定を行います。下記の寄与分の類型を参考ください。内容はすべて相続人の寄与分と同様の規定となっています。

kosumosu2

税務会計コンサルティング部 部長

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人