コラム de スタディ

2019.09.02.
令和元年度改定の都道府県別最低賃金

厚生労働省は8 月9 日、令和元年度の地域別最低賃金の改定額をまとめ、公表しました。
これによると、改定額の全国加重平均額は901 円(昨年度874 円)、この27 円の引き上げ額は昭和53 年度に目安制度が始まって以降で最高額となりました。
最高額は東京都の 1,013 円(引き上げ額は28 円)、最低額は790 円(同29 円)で、東京都と神奈川県については、全国初の時間額1,000 円超えになります。
改定額は異議申出がない場合、10 月1 日より順次都道府県毎に発効予定です。
なお福岡県及び近隣県の最低賃金は、福岡県841 円、佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県790 円、山口県829 円となっています。

労務コンサル課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人