コラム de スタディ

2019.08.02.
食事療法に係る医療費控除と消費税

医療費控除の対象となる医薬品の購入とは、所得税法上、『医師や歯科医師による診療・治療・療養に必要な医薬品の購入等のうち通常必要であると認められるもの』と定められています。さらに、上記の医薬品については、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律』に規定するものと定められています。
その法律において、医薬品とは『日本薬局方に収められている物』等であると定められており、一般的な食料品はこれに含まれていません。
したがって食事療法が医師の指示に基づいて行われるものであったとしても、その食事療法のために購入する一般的な食料品の購入代金については、所得税法上の医療費控除の対象とはなりません。また、消費税法上、健康保険法等の規定に基づく入院時食事療養費(保険適用となる病院食の料金)については、消費税は非課税と定められています。
しかし、一般的な食料品の販売については非課税とする規定がないことからそれが医師の指示に基づいて行われる食事療法のために購入されるものであっても消費税は通常通り課税されます。

税務会計2 課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人