コラム de スタディ

2019.04.04.
2019 年度診療報酬改定について

新年度を迎えました。昨年4 月の大改定により経過措置が切れ、維持期のリハビリテーションの取扱いや、データ提出加算等が3 月までとなっており、届け出等でお忙しくしたところもあるのではないでしょうか?

さて、今回は今年10 月に控えている『2019 年診療報酬改定』についてお話をします。この改定は、『消費税対策のための改定』と位置付けられています。診療報酬は、消費税を別にいただかない取り決めとなっていますが、実際の医療機器や注射、薬剤、検査など、納入されるものは消費税が課税される仕組みとなっています。つまり、お預かりする消費税はないのに、支払わないといけない消費税が多く、その補填については『診療報酬の中に考慮する』とされていました。

しかしながら、前回改定時の発表で診療報酬の中で十分に補填ができていないということが調査結果により明らかになった為、今回の改定はこの消費税10%分を加味した対応と考えられています。

3 月初旬には点数の変化が明らかになっていましたので、ご覧になった方も多いのではないかと思います。『入院料』などの項目によっては、「負担が増えた。」と感じられる患者様もいらっしゃるかと思いますので、消費税対応のためであることを院内掲示でお知らせするなど工夫を行い、患者さんの理解を求める必要が出てくるかもしれません。改定の内容については、弊社ホームページにも掲載しておりますので、どうぞご利用ください。

経営支援課 シニアコンサルタント

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人