コラム de スタディ

2017.05.12.
改正雇用保険法等が成立

平成29年3月31日に雇用保険法等を改正する法律が参院本会議で可決、成立しました。
これに伴い、雇用保険の失業等給付に係る保険料率が、平成29年度から時限的に引き下げられることになります。
(例えば一般の事業の場合、雇用保険料率が、労働者負担が4/1000→3/1000、事業主負担が7/1000
6/1000に引き下げられます。)
上記以外では、失業等給付についても倒産・解雇等により離職した30歳以上45歳未満の離職者の所定給付日数が4月より増加されることとなり、育児休業制度の改正では、原則として子が1歳までの育児休業は、現行制度では保育所に入れない場合などに限り1歳6か月まで延長できますが、平成29年10月1日より、最長で2歳まで可能となり、育児休業給付の支給期間も2歳まで延長されます。
雇用保険料率の引き下げにつきましては、従業員様の給与計算等にも関係しますので、担当者の方は平成29年4月以降の雇用保険料率の変更等、ご留意ください。

人事労務課 シニアコンサルタント

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人