コラム de スタディ

2021.06.02.NEW
短期退職手当等に係る退職所得課税の見直し

令和3 年度税制改正により、退職所得課税が見直され勤続年数5 年以下の短期の退職金については、2 分の1 課税の適用から除外するとともに、雇用の流動化等に配慮して、退職所得控除額を除いた支払額300 万円までは引き続き2 分の1課税が適用されます。
今回の改正前より法人の役員に対する勤続年数5 年以下の短期の退職金については、2 分の1 課税の適用はありませんでしたが、今回の改正で法人役員以外の者に対する短期の退職金に関しても2 分の1 課税が見直されることとなりました。
今回の改正は令和4 年分以後の所得税について適用されます。

〔改正前の退職所得の金額の計算方法〕
(収入金額 - 退職所得控除額) × 1/2 = 退職所得の金額

〔改正後の短期退職手当等に係る退職所得の金額の計算方法〕

(抜粋:国税庁「源泉所得税の改正のあらまし」より)

税務会計4 課 マネジャー

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木大がこれまでの経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人