コラム de スタディ

2021.05.08.
保険を活用した従業員福利厚生制度について

企業の福利厚生において法人保険の加入があります。法人保険を従業員に適用する場合は法定外福利厚生費とすることができ、従業員を手厚く保護することが可能になるため社外や求人の際にアピールできることもあります。企業側にとっても退職金支払いの財源不足などに備えることが可能です。
法人保険には数種類ありますが、福利厚生によく使われる養老保険について簡単にご紹介します。
養老保険は一定期間内(保険期間内)の死亡を保障します。併せて保険期間終了後には満期保険金、中途解約の場合には解約返戻金を受け取れるので退職金の財源に充てることができます。満期時の保険金受取人は法人となりますが、死亡保険金の受取を被保険者の遺族とすることで支払保険料の1/2 が損金計上となります。経費を活用しながら退職金財源を確保できるこの制度は多くの企業で活用されています。
福利厚生制度は企業にとって優秀な人材の確保と長期定着のために欠かせない制度のひとつです。
ぜひ、ご検討されてみてはいかがですか?

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木大がこれまでの経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人