コラム de スタディ

2020.06.04.
【医療介護あれこれ】目標設定支援・管理の診療録の記載について(QAより)

「目標設定等支援・管理料」に定められているカルテの記載について、この目標設定等支援・管理シート」を診療録に添付したら、カルテ記載は必要ありませんか? というお問い合わせをいただくことがあります。
今回は、このカルテ記載についてみていきましょう。

そもそも「目標設定等支援・管理」とは、「要介護被保険者等に対するリハビリテーションの実施において、定期的な医師の診察、運動機能検査又は作業能力検査等の結果、患者との面接等に基づき、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士等の多職種が患者と共同して、個々の特性に応じたリハビリテーションの目標設定と方向付けを行い、またその進捗を管理した場合に算定する」というものです。
つまり、どういうことかというと、治療のためのリハビリから生活を支える介護保険のリハビリテーション(維持期リハビリ・生活期リハビリ)へスムーズに繋ぎ、地域の中での暮らしを支えていく役割を担ってほしい、ということだと思います。

医師の役割として、この多職種が共同して作成した「目標設定等支援・管理シート」を患者に交付し、写しを診療録に添付することとされています。
中身としては、日常生活の自立度をバーサルインデックス(BI)又はFIMにより評価し、心身の機能や活動、社会参加において、どのようになりたいか(目標)、その目標を達成するために必要なリハビリテーションの内容を検討するものです。

目標設定等支援・管理シート①目標設定等支援・管理シート②

(出典:厚労省「診療報酬算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(通知)医科様式集」より)

具体的には、これまでの生活の中から作成時点での患者の機能予後を予測し、、「一人で買い物に行く」「孫と遊ぶ」「庭いじりをする」「一人でトイレに行く」「囲碁教室に行く」など、の目標を立て、その実現のためにどのようなリハビリをするか、ということになると思います。生活の中に楽しみを見出していくことが大事かなと思います。

さて、本題に戻しましょう。
カルテの記載は、今回の改定において、文書による説明や計画書などに記載されているものは、カルテへの添付を条件に、重複して記載しなくてもよい。とされてきました。
今回の「目標設定等支援・管理シート」もカルテへの添付が要件となっています。従って「ADLの評価」「目標」「支援内容」については、この「目標設定等支援・管理シート」に記載してあれば、またその説明内容についても、このシートを使用して説明するので、改めて記載する必要がありません。

点数表のなか、通知文にはどのように書いてあるでしょうか?

目標設定等支援・管理シート(カルテ記載)
(出典:厚労省「診療報酬算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(通知)別添1」より抜粋)

カルテの中の説明内容等の記載については、医師が「目標設定等支援・管理シート」に基づき説明を行い、「その内容、当該説明を患者等がどのように受け止め、どのように反応したかについて、診療録に記載する」とあります。
従って、目標設定等支援・管理シートへの記載事項を重複して記載する必要はなく、その内容や説明に対し、患者の反応とどのように発言していたか、ということを記載すればよいと判断いたします。
これはあくまでも、「介護保険への移行をスムーズに行うこと」が目的とされています。
重複記載を減らすことも業務改善の一つです。皆さんカルテの記載を今一度見直してみましょう!

医業経営支援課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人