コラム de スタディ

2020.05.07.NEW
【令和2年度診療報酬改定】せん妄ハイリスクケア加算について

せん妄ハイリスクケア加算は、急性期医療を担う保険医療機関の一般病棟において、すべての入院患者に対してせん妄のリスク因子の確認を行い、ハイリスク患者に対し、薬物を使用せずに、「せん妄対策」を実施した場合に算定できるものです。これは、令和2年度診療報酬改定において、新たに評価されました。
高齢者のみならず、生活の場から一転して非日常の場である病院に入院することは、多くの場合不安を伴います。特に認知機能が低下してきている高齢者の場合には、錯覚や見当識障害、不穏など、経験されている医療機関も多いのではないでしょうか?
今回は、この新たな加算についてみていきましょう。

せん妄予防の取り組みの評価(出典:厚労省「令和2年度診療報酬改定の概要」より)

「せん妄」とは、認知機能の障害(最近の記憶の障害と失見当識です。)
注意力の障害や意識の混濁、知覚の障害も併せ持ち、何らかの原因(入院、手術、検査、等)が存在し、急激におこり、1日の中でもその程度が変化することから診断されます。 感情の障害(不安感、多幸感、無感情)や精神運動の障害(興奮、幻覚、妄想、時に動きが少なくなり会話も減少する)も随伴症状のひとつです。特徴的なものとして、睡眠・覚醒リズムの障害(不眠、症状が夜間に悪くなる、昼夜の逆転現象)がみられます。
このため、病歴、診察、あるいは検査データを根拠に直接の原因を特定することが必要になり、このリスク因子として、2通り考えられています。一つ目は「脆弱因子」といわれる「高齢、認知症、薬物、アルコールの多飲」、二つ目が「誘発因子」として「環境の変化、不安、臥床、睡眠障害、等」が考えられています。それらのリスク因子の有無を判断し、「せん妄」の予防のための対応をすることが求められています。

厚労省から出されているチェックシートです。
こちらからダウンロードできますのでご活用下さい。

せん妄ハイリスク患者ケア加算にかかるチェックリスト
(出典:厚労省_告示_様式集より)

対象は、急性期一般入院基本料を含む「急性期医療を提供する病床」として、以下の6つの入院料を算定する患者です。
・急性期一般入院基本料
・特定集中治療室管理料
・特定機能病院入院基本料(一般病棟)
・ハイケアユニット入院医療管理料
・救命救急入院料
・脳卒中ケアユニット入院医療管理料

入院中に1回100点のみの点数ですが、こういった細かな「予防的ケア」に対する評価がついてきたところは、大きな変化だと思います。
病棟の看護師間では、実際には行われていること(評価、看護計画、対策・ケア等)だと思います。医事担当者のみで考えるのではなく、これを機会に、病棟の方と検討されることをお勧めします。

<参考資料>
◆厚労省:令和2年度診療報酬改定説明会資料等について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000196352_00001.html

◆厚労省:令和2年度診療報酬改定について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411_00027.html
※告示、通知、疑義解釈、等をご覧ください。

医業経営支援課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人