コラム de スタディ

2020.02.03.NEW
直系尊属から住宅取得資金の贈与を受けた場合の非課税

この制度は平成27 年1 月1 日から令和3 年12 月31 日までの間に、父母や祖父母など直系尊属からの贈与により、住宅用の家屋の新築、取得又は増改築等の対価に充てるための金銭を取得した場合において、一定の要件を満たすときは、次の非課税限度額までの金額について、贈与税が非課税となります。

キャプチャ

※住宅用の家屋の新築等に係る対価等の額に含まれる消費税等の税率が10%の場合

上記の非課税限度額以外に【受贈者の要件】、【住宅用の家屋の新築、取得又は増改築等の場合】など適用するのに条件がございます。
確定申告の時期になり、個人の財産を見直す機会に一度検討されてみてはいかがでしょうか。

税務会計2 課マネジャー

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人