コラム de スタディ

2019.02.06.
2019 年10 月1 日以後に適用する消費税率等に関する経過措置

2019 年10 月1 日(施行日)より消費税及び地方消費税の税率が現行の8%から10%へ引き上げ
られます。施行日以後に国内で行われる資産の譲渡等については新税率(10%)が適用され、施
行日の前日(2019 年9 月30 日)までに行われる資産の譲渡等については旧税率(8%)が適用
されることになります。
しかし、施行日以後に行われる資産の譲渡等であっても経過措置が適用されるものについては旧
税率(8%)が適用されることになります。たとえば、請負工事の場合であれば、工事が完成し
引渡した時点で消費税が課税され、引渡日が施行日(2019 年10 月1 日)以後であれば新税率(10%)
が適用されますが、指定日(2019 年4 月1 日)の前日(2019 年3 月31 日)までに契約を締結
した一定の請負工事については、経過措置が適用され旧税率(8%)が適用されます。
これから大規模工事を検討されており経過措置を適用する場合には、いつ契約を締結したかが重要
となりますのでご注意ください。

税務会計4 課マネジャー

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人