コラム de スタディ

2018.06.21.
国土交通省より、平成30年地価公示が公表されました

【平成29年1月以降の1年間の地価について】

①全国平均では、住宅地の平均変動率が昨年の横ばいから10年ぶりに上昇に転じました。商業地は3年連続の上昇、工業地は2年連続の上昇となり、それぞれ上昇基調を強めています。全用途平均は3年連続の上昇となりました。

②三大都市圏をみると、住宅地、商業地及び工業地のいずれについても、各圏域で上昇となりました。大阪圏は、住宅地はわずかな上昇ですが、商業地の上昇率は三圏で最も高いです。

③地方圏をみると、住宅地は下落幅の縮小傾向が継続しています。商業地及び工業地は26年ぶりに上昇に転じ、全用途平均でも下落を脱して横ばいに転じました。地方圏のうち、地方四市(札幌市・仙台市・広島市・福岡市)では、全ての用途で上昇し、上昇基調を強めています。

しかし、同じく国土交通省が公表している“主な都市における商業地の「最高」価格の推移”をみると、概要では分からない地価の推移が分かります。

現在、地価上昇が顕著である福岡市においても、平成3年(バブル期ピーク)には、1,480万円だったものが、平成30年には872万円であり、最高価格を比較すると約59%減少しています。

図

 

 

 

 

 

 

税務会計課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人