コラム de スタディ

2016.02.16.
軽減税率の線引きは?

消費税率10%への引き上げと同時に導入が検討されている軽減税率ですが、対象品目の線引きが非常に難しい課題です。財務省資料の軽減税率制度についての大枠では、飲食料品にかかる軽減税率の対象品目は「食品表示基準に規定する生鮮食品及び加工食品(酒類及び外食を除く)」と記されています。

対象品目外の外食について、財務省が、外食の新たな線引き案を出しました。その線引き案が曖昧なものであると話題になっています。

外食に当たる 消費税10%

外食に当たらない 消費税8%

ホテルのルームサービス 学校給食・老人ホームでの食事提供
カラオケ店での飲食 球場・映画館の売店
社員食堂・学生食堂

 

財務省は昨年末以降、各省庁の協力を得て、「外食」に当たるかどうか紛らわしい事例を集め、定義の明確化に向けた検討を進めていました。しかし、上記の表からは曖昧な感じが否めません。

軽減税率制度導入に向けて、懸念事項が多い分、今から正確な情報を確認して、慌てることなく対応していきましょう。

 

 福岡支店

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人