コラム de スタディ

2015.09.07.
一人暮らしで長期入院、入所している方には通知を

今年10月からマイナンバー(個人番号)制度の「通知カード」が国民全員に送付されます。この通知は、一人一人の住民票の住所地に簡易書留で送付されますが、長期間にわたって医療機関や施設等に入院・入所している一人暮らしの方は、この通知カードを受け取ることができないことが想定されます。そこで総務省では、このような「やむを得ない理由により住所地で通知カードを受け取れない方」について、入院施設や入所施設での受取りが可能となる手続きを案内しています。
マイナンバー・申請

具体的には、

•東日本大震災による被災者•ドメスティック・バイオレンス(DV)、ストーカー行為等、児童虐待等の被害者の方で、住民票を残して、別の場所(居所)にお住まいの方

•長期間にわたって医療機関・施設等に入院・入所することが見込まれ、かつ、入院・入所期間中は住所地に誰も居住していない方等
がその対象です。

上記に該当する場合は、所定の申請書を住民票のある市区町村に提出し、現在の居所を登録します。この登録期間は平成27年8月24日(月)から9月25日(金)まで(持参又は必着)です。厚生労働省は全国の病院や福祉施設に対し、該当する長期の入院患者や入所者に対してこの手続きの周知を行うよう呼びかけています。

税務会計3課 マネージャ

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人