コラム de スタディ

2015.06.03.
ふるさと納税の「ワンストップ特例制度」には申請書の提出が必要です

ふるさと納税は、自治体に対して寄付をすると、ふるさと納税(寄付)額の2,000円を超える部分について、一定の上限まで、原則として、所得税・住民税から全額が控除されるものです。

このふるさと納税は、平成27年4月1日以後に行われるものについて、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。ワンストップ特例制度は、ふるさと納税団体先に申請することにより確定申告不要で控除を受けられる制度です。この制度は、寄付の時期と寄付の対象者、申請書の提出が決められておりますので、内容について確認していきましょう。

furusatoまず、寄付の時期についてですが、平成27年4月1日以後に行われるふるさと納税に限定されています。そのため、平成27年3月31日以前に行われる寄付については適用ができません。

次に寄付の対象者ですが、確定申告が不要な給与所得者などに限定されています。毎年確定申告を行っている方はこの特例を使うことができません。

最後に申請書の提出ですが、これまではふるさと納税をした際に発行される受領証を添付して確定申告を行っていましたが、ワンストップ特例では、ふるさと納税と一緒にワンストップ特例申請書を提出する必要があります。また、自治体数も5団体以内となっております。これまでのふるさと納税に比べると利用しやすい制度となりましたので、利用を検討されている方は、担当者にご相談ください。

税務会計 3課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人