コラム de スタディ

2014.09.09.
太陽光発電の売電収入

給与所得者等の個人が太陽光発電設備を設置し、売電収入を得ている場合、設備を家事用資産として使用し、その余剰電力を売却している収入や事業として行っていない売電収入は雑所得に該当します。この所得が年間20万円以下など一定の要件を満たしていると所得税の確定申告書の提出は必要ありませんが、住民税の申告が必要な場合があります。
例えば、雑所得に該当するケースで、個人の年間収入の種類が売電収入と給与または公的年金等であれば、売電収入の金額が年間20万円以下のときは所得税法の規定では確定申告の必要はありません。
baidenしかし、住民税については、所得税法のような規定がない為、住民税の申告書の提出が必要になります。
なお、確定申告書を提出した場合には、住民税の申告は必要ありません。
申告の要・不要の判断に迷われた場合は、担当者までお気軽にご相談ください。

コンサルティング部 2課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人