コラム de スタディ

2020.12.03.
ゼロトラストという考え方

クラウド化やテレワークが増えたことで、「ゼロトラスト」という言葉を聞く機会が増えてきました。
ゼロトラストとは、「何も信頼しない」という新しいセキュリティの考え方のことです。
従来は、社内ネットワークは安全であり、外部からの脅威に対してセキュリティ対策を行う、といった内と外のネットワークの「境界」で防御するという考え方でした。
しかし、働く場所や端末の多様化、クラウドの活用、セキュリティ脅威の広がりにより、この「境界防御」では対策が不十分になってきています。そのため、ゼロトラストの考え方を取り入れた境界の内部であっても侵害があるものと考えすべての通信を信頼せず常に確認する、といったセキュリティ対策を行うことが注目されています。
システムを新たに導入する必要があったり、システム全体の変更が必要であったりと、環境の整備や運用に多大なコストと時間がかかることもあります。ですが、今後の働き方の変化やシステムの多様化に対応していくためにも、まずはゼロトラストの視点から社内のセキュリティを見直してみる等、できる対策から始めてみてはいかがでしょうか。

ICT 活用推進課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木大がこれまでの経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人