コラム de スタディ

2019.09.30.NEW
仮想通貨の評価方法の通達改正

今年6 月に国税庁から発表された法令解釈通達では、仮想通貨を売買した場合の所得の金額の計算上必要経費に算入する金額について、仮想通貨の売買による収入金額の5%相当額で計算する方法が認められることとされました
仮想通貨の売買について所得金額を計算する際の評価方法は購入金額をベースに総平均法と移動平均法のいずれかを用いることとされていましたが、購入金額が不明な場合でも売却額の5%相当額は必要経費として認められることになります。
また、仮想通貨の高騰により実際の購入金額が収入金額の5%相当額に満たない場合は、収入金額の5%相当額を用いて所得金額を計算することで所得税額を減少させることができます。

税務会計4 課 マネジャー

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人