コラム de スタディ

2019.07.02.NEW
領収証と印紙税

印紙税法は、課税文書を作成した場合に、印紙を貼ることにより納税します。「領収証」は、売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書に該当するため、原則として、印紙税が課税されます。ただし、売上代金に係る受取書であっても、その記載金額が5 万円未満の受取書については、印紙税は非課税とされています。

  1. 医師個人(個人経営の診療所)が領収証を作成する場合
    売上代金に係る受取書ですが、その記載金額が5 万円以上であるとしても「営業に関しない受取書」に該当し、印紙税は非課税になります。「営業」とは、営利を目的として同種の行為を反復継続して行うことを言い、医師個人(個人経営の診療所)は、印紙税法上、営業行為には該当しないと考えられているためです。医師には、あん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、獣医師等が含まれます。
  2. 医療法人が領収証を作成する場合
    医療法人は、医療法の規定により剰余金の分配が禁止されています。そのため、印紙税法上、いずれの取引についても営業者とならないと考えられています。よって、医療法人が作成する受取書は、印紙税法上、営業に関しない受取書に該当し、印紙税は非課税となります。

審理室

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人