コラム de スタディ

2019.01.04.
201 9年 新年のご挨拶 『きっと、うまくいく』

現在の日本では、人口ボーナス期から人口オーナス期へ突入。働き手は減少し、「人材募集広告を出しても、なかなか人が集まらない」と嘆く経営者の方々の声をよくお聞きするようになりました。地方に行けば行くほど、人口減少割合・高齢化割合が高く、なかでも主たる産業が少ない地域や人口流出地域を「地方消滅」などといって、警笛を鳴らす人が増えてきました。当社のオフィスのある福岡県北九州市も、政令指定都市の中では高齢化率ナンバーワン、という状況です(2018年4月1日時点)。

一方、1948年に制定された「優生保護法(現在は母体保護法に改組)」。悪名高いこの法律の立法目的のひとつには「このままの勢いで人口が増えたら、国民全員に食べ物を行き渡らせられなくなる」という危機感があったと言われています。現代人は「人口が減って大変だ」と言い、70年前の日本人は「人口が増えて大変だ」と言う。皮肉な話です。

現状への理解は、企業経営において、最重要です。人口動態含めた地域性への理解なしに、医療介護福祉を含む地域産業は、うまくいくはずがありません。ただ、悲観ばかりしていても仕方がないと思うのです。

地域産業の成功のキーワードは「地域づくり」であると考えています。素敵な地域づくりの芽は、全国各地で出てきています。自治体が主導したり、病院が主導したり、地域によってさまざまで、それぞれの方がそれぞれの特徴を活かしながら、上手に連携して、地域社会を構築しています。テクノロジー、科学技術の進歩を含めて、現代人には想像もつかないような未来が待っています。あらゆる事象に、解決の糸口はあると考えます。

私たち佐々木総研グループは「経営のよろず相談屋」として、皆様の企業経営を力強くサポートできるよう、日々精進いたします。本年も、よろしくお願い申し上げます。

P.S.
昨年、当社所属の社会保険労務士 兼 映画王の森吉隆より「きっと、うまくいく(原題:3 Idiots)」という、2009年製作のインド映画を紹介してもらいました。観るとなんだか元気になります。
きっと、うまくいく! 是非ご覧ください。

2019年 元旦
株式会社佐々木総研

代表取締役 佐々木 (はじめ)

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人