コラム de スタディ

2017.04.10.
配偶者控除と配偶者特別控除が改正!!

所得税について、平成30年分以後適用。住民税については、平成31年度分以後適用。

配偶者控除
1

※なお、合計所得金額が1,000万円を超える居住者については、適用できない。

 

配偶者特別控除
2

※配偶者の合計所得金額が例のように9段階に細分され、控除額が減少していく。
124万円超になると、控除額が0になる。なお、合計所得金額が1,000万円を超える居住者については、適用できない。

いよいよ長年の課題であった配偶者控除等について、見直されることになりました。
社会保険料の徴収基準との兼ね合い、会社からの手当の廃止等による手取り額の減少、特に、高額所得者は、自身の給与所得控除の上限額の縮小(平成29年分は、1,000万円超に対して、220万円が控除上限)と、配偶者控除等の控除額の縮小・廃止により、増税傾向が色濃くなります。今後も、負担増の傾向が続くのでしょうか。どのような影響があるか、注視していきましょう。
お尋ねになりたいことがあれば、担当者に遠慮なく相談してください。

審理室

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人