ニュース & トピックス

2020.04.13.
【速報】新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その10)

厚労省より新着情報がでました。

初診から対面以外の方法で診療することに対し、214点の点数が臨時的な取り扱いとして、認められました。
これにより、初診の患者であっても、電話や情報通信機器を用いて診療を行うことができるようになります。
また、その際の医薬品の処方、またはファクシミリ等で処方箋を送付した場合も処方箋料や調剤料等が算定できるようになります。
この事務連絡の発出にかかり、3月27日の事務連絡等一部廃止されるものもありますので、該当する医療機関は、この通知をご確認ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

厚生労働省の「自治体・医療機関向けの情報一覧(新型コロナウイルス感染症)」のサイトはこちらをご覧ください。

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人