会社案内

株式会社佐々木総研 代表取締役社長 挨拶

greeting02

弊社の経営理念は「よろず相談屋」であり、これは私達の創業以来からのテーマです。近年はインターネットが発達し、世界中の様々な情報を検索し手に入れることができるようになりましたが、一方で、確かな情報は何か、本当に必要なことは何か、見極めることが大変難しい時代になったともいえます。このような時代であるからこそ、「よろず相談屋」という、幅広い知識と専門領域を持ち、現場で培った最先端のノウハウに基づいたアドバイスを行えるような、私達が目指すものの存在がますます重要になってくると考えております。

企業を経営していく上では、厳しい経営判断・決断を行っていかなければならない局面がございます。そのような局面で、皆様からご相談をいただけるような存在になりたいと考えております。経営にお悩みの際は、是非ご相談くださいませ。

株式会社 佐々木総研
代表取締役社長 佐々木 大

ささき はじめ・1979年生まれ。システムエンジニアとしてIT業界で活躍後、34歳で税理士登録。相続対策、事業承継対策など講演多数。
ITの強みを活かし、税務問題にとどまらず、地域に根差したワンストップサービスを行う。

佐々木総研グループ 代表 挨拶

greeting01

2015年は、明治維新から147年、戦後70年になります。
2011年東日本大震災の年1月1日の日本経済新聞1面は「我が国に三度目の奇跡はあるか」という表題でした。

日本は多くの困難と犠牲を乗り越え、20世紀の奇跡といわれる発展を実現してきました。今、世界は政治も経済も大きな岐路に立っています。特に日本は少子高齢化の最先端をいっています。

GDP、一人当たり生産性をいかに高めるのか、税制、医療制度を含む制度のあり方、地域包括ケアシステムを支える地域社会のあり方等々、今まで経験したことのない人口減少社会の中でも成長を実践していかなければなりません。既存の成功例や考え方を捨て、新たな市場、商品、サービス、組織づくりに挑戦していかなければなりません。

当社も創業43年を超え、社長を交代し、すべてを見直して、皆様に最も必要とされる「よろず相談屋」という理念を原点に、よりよい地域社会づくりのために、再出発をしてまいりたいと思います。

佐々木総研グループ代表
株式会社 佐々木総研 
会長 佐々木 直隆
ささき なおたか・1948年生まれ。西日本税理士法人代表社員・株式会社M&Cパートナーコンサルティング代表・MMPG副会長・北九州商工会議所議員・下関市立病院評価委員・一般社団法人遠賀中間医師会監事など。医師会、商工会議所等での講演多数。