コラム de スタディ

2018.06.21.
標準生命表の改定

2018年4月、標準生命表が11年ぶりに改定されました

標準生命表とは、日本アクチュアリー会が金融庁からの委託で作成している表で、男女別、年齢別に死亡数や死亡率、平均余命等が記されており、保険を作成するための基礎となる大変重要なデータです。

前回改定のあった11年前と比較してみると、例えば40歳の死亡率ですが、

●40歳男性の死亡率が『1,000人に1.48人(2007年)』から『同1.18人』に

●40歳女性の死亡率が『1,000人に0.98人(2007年)』から『同0.88人』にと大きく改善しています。

 平均寿命についても

●男子:81.15歳➡83.47歳

●女子:87.83歳➡89.59歳

と大きく伸びています。

これにより、生命保険業界では次のような影響がでています。

死亡保障:値下げ➘の方向(長生きになり、死亡率が低下したため)

医療保障:値上げ➚の方向(長生きになり、入院や手術のリスクが増加したため)

すでにご加入されている保険に影響は無いものの、今後新たにご加入されるものが対象となります。

保険会社により対応は異なりますが、ご加入の生命保険を見直す機会にしてみてはいかがでしょうか。

随時ご相談承っております。お気軽にお声がけください。

 

リスマネ

 

 

 

 

              ライフプラン・リスクマネジメント課

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人