コラム de スタディ

2018.05.14.NEW
金融緩和を縮小する出口戦略の行方について

日本銀行の黒田総裁は、4月9日再任後の記者会見において「前年比2%上昇の物価安定目標を堅持する考えを強調し、金融緩和を縮小する出口戦略は、物価目標の実現にはまだ距離があり検討する局面にない」と明言しています。
2期目もデフレ脱却への5年となります。日銀は19年度ごろに2%の目標を達成できると主張していますが、足元では、物価への逆風が強まっています。
1つ目は米中の貿易摩擦による世界経済に及ぼす影響であり、2つ目は、19年10月に予定する消費税の引き上げです。
また、日銀が次に打つ一手をめぐって民間エコノミストの間でも見方が分かれています。
民間エコノミストの意見は、以下のとおりです。
18年2月の消費者物価指数の上昇率は、前年比1%どまりで日銀の掲げる目標にまだ距離があり「物価目標にこだわる限り、長く動けない可能性がある」というものです。
一方では、景気が回復局面にあるうちに緩和の縮小に向かうべきだとの意見も多く、日本経済研究センターがまとめた3月の調査によると、望ましい金融政策の見直し時期について民間エコノミスト40人のうち半分が「物価上昇率が1%を安定的に上回るようになったら」と答えています。
政策が緩和を縮小する方向で変わるとすれば、最も有力視されているのが、長期金利の誘導目標引き上げです。「現状ゼロ%程度から今年12月にも0.25%ほど上げる」、「金融機関への配慮から0.3%まで引き上げるだろう」との意見があります。
金融緩和により、さまざまな問題も表面化してきており、景気回復局面のうちに政策変更し何らかの手を打つ必要があると思われます。また、景気、消費者物価、銀行金利は、私たちの生活に直結しており、注視していく必要もあります。

 

 

総務課 マネージャ

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人