コラム de スタディ

2013.09.05.
不動産の購入と相続税の節税

「土地や建物などの不動産を購入すると、相続税の節税になる」と、よく言われます。この理由は、不動産の①時価②相続税の計算に使われる価額が異なり、一般的に①より②の方が低いため、現預金をそのまま保有しているよりは不動産を購入した方が、課される相続税額が低くなるからです。具体的には以下のような原因によります。

●相続税の計算に使われる不動産の価額は、路線価や固定資産税評価額を基にして計算される。これは一般的に不動産の時価より低い。

●購入した不動産を貸し付ける場合(例えばアパートなど)は、貸している分だけ貸主の保有する価値が下がると考えられ、さらに何割か相続税の計算に使われる不動産の価額が低くなる。

●土地については、一定の要件を満たすと「小規模宅地等の特例」という減額の適用を受けることができ、さらに何割か相続税の計算に使われる不動産の価額が低くなる。

このように不動産の購入は、相続税の節税対策の一つの選択肢になります。

上記の仕組みを理解したうえで、適切な相続対策を講じていきましょう。まずは当社のスタッフにご相談ください。

企画室 室長

一覧ページへ

代表の部屋

  • 代表のイメージ
  • 代表の佐々木直隆がこれまでの豊富な経験から得たことを発信します!
  • 詳細を見る

会員限定コンテンツ

  • 会員募集中!経営に役立つセミナー情報や業界ニュースをお届けします!
  • はじめての方へ
  • ログイン
  • おかげ様で40周年 特別座談会「これからの経営に大切なこと」-これからの地域社会との関わり-
  • 佐々木総研グループFacebookページ
  • 医療・介護・福祉分野の税務会計なら西日本税理士法人
  • 医療・介護・福祉分野の人事労務管理なら西日本社会保険労務士法人